マインド

不安に押しつぶされそうになるあなたへ。不安をうまく使いこなす秘訣!

 

夢野まき
夢野まき
こんにちは!夢野マキです!

 

突然ですが、自分でビジネスをやっていると、時折「これでいいのかな・・・」とか「これで私は稼げるようになるんだろうか・・・?」と思うことってありませんか?

 

特に、ネットビジネスはお客様から反応をもらえるようになったり、稼げるようになるまでにはリサーチや、お客様の設定、自分ならではの価値を作ったり、どのメディアを使うか考えたりする工程があります。

 

その間に「本当に私がやっていることって、誰かの役に立つんだろうか?」と思うことは誰しもあることです。

 

夢野まき
夢野まき
私もありました!

 

特に、初めてメルマガを書いている時なんて、辛かったです。笑

最初は全然反応がありませんからね。だから余計に「不安」というものにかられます。

今回はその不安をどう扱っていけばいいのかというお話です。

 

不安って悪いもの?

 

不安って聞くとなんとなく、抱いてはいけないもののイメージってありませんか?

でも、実は不安というものは決して悪いものではありません。

 

実は「不安」の存在は脳のパフォーマンスをあげるのに最適

 

脳のパフォーマンスが一番上がるのは、ポジティブな感情とネガティブな感情が一緒に存在する時です。

ポジティブ要素とは、「こうなりたい!」という願望や期待です。

ネガティブ要素とは、「こうなりたくはない」という不安です。

 

この2つの要素が脳内にあるときに、不安を回避しようとしてパフォーマンスが上がるんですよね。

 

例えば、

・集中力が上がる。

・問題回解決速度が上がる。

・ひらめきの回数がふえる。

などです。

 

不安を感じるとこんなにもパフォーマンスは上がっているんです。

 

夢野まき
夢野まき
ね、不安って悪いものじゃないでしょう?

 

では、その不安をどうしたら良いのか?

 

ネガティブ要素(不安)には大きな特徴があります。

それは、エネルギーは大きいが、長くは続かないということです。

逆にポジティブ要素(期待)は、エネルギーは小さいですが、長く続きます。

期待を持ち続けることはできるんです。

 

3日坊主という言葉を聞いたことがありますか?

これなんてまさにその例。

瞬発的に何かを始められるのは、この「不安」というエネルギーを使うからです。

きっと多くの人が「このままじゃダメだ」と思って何かを始めますよね。

でも続かない。それは不安のエネルギーが切れてしまうからです。

不安のエネルギーは短いのです。

 

一番良い方法は、不安(ネガティブな要素)のエネルギーで動き出して、期待(ポジティブな要素)のエネルギーで続けるということです。

 

まずは不安を感じたら使って、その不安を回避しうる行動を起こす。

そして、それを継続する。

 

例えば、ダイエットであれば携帯の待ち受けを、なりたい体系の写真にしたり。

ビジネスであれば、定期的に自分の理想の状態の体験をするとかもいいと思います。

 

夢野まき
夢野まき
不安をうまく使って原動力にしてしまいましょう!

 

未来を考えるから「不安」を感じる。

 

不安なんてないほうがいい!と思うかもしれませんが。

不安を感じられるのは「大脳辺縁系」という脳の構造を持っているからこそなので、仕方がありません。

だからこそ、使ってしまいましょう。

どうせ使うなら、未来を変えられることに使ってみましょう!

不安を感じたらアクションのチャンスです!

 

夢野まき
夢野まき
不安を前に進むエネルギーにする。

うまく使うということさえすれば未来は確実に変えられるよ!というお話でした!