活動レポート

行動力のある人になりたい?超行動派の若きカリスマに学ぶ11のコツ

こんにちは。夢野まきです。

今日は私が参加しているコミュニティの勉強会で、「行動力の塊」と呼べる方にお会いすることができました。

 

どうしたらそんな行動力が発揮できるのかというコツも教えていただいたので、記事にして行きたいと思います(* ‘ω’)ノ

 

1.私が出会った超行動力のある人

 

今回はネットビジネスを始めてからわずか5ヶ月で成果を出し、すでに法人コンサルや個別コンサルもしているという驚異の19歳、たいせーさんからお話を伺うことができました!

 

自己紹介をしていただいたのですが、エピソードがすごい!一言で言うと「人生波乱万丈」。そして、すごく複雑な幼少期を過ごしたのに、とても家族思いで繊細。本当に素敵な青年でした。

 

大学受験の時に、ビジネスの世界を知ったそうですが、なんとセンター試験3日前に受験を棄権。そのあと迷いながらも行動をしまくった結果19歳で社長へ。とても気さくな方ですっかりファンになりました((´∀`*)

 

個人だろうと法人だろうと「集客の部分では繋がっている」という今回のたいせーさんのお話で、ブログ・メルマガアフィリエイトってその後のコンサルティング業などへの横展開も期待できるのかと思うと、奥が深いし、もっと私も極めて、集客のプロになっていきたいと思いました。

 

だからこそ、「行動力」をあげれば、やりたいことがたくさんできる!とう感じたのです。だからたいせーさんのお話はワクワクしながら聞いていました。

 

2.どうやって法人コンサルを始めたのか?

そんなたいせーさんはどうやって「法人コンサル」ができるようになったのでしょうか?
具体的なお話しを聞けたのでご紹介させていただきたいと思います。

 

ツイッターのダイレクトメッセージを使う。

 

たいせーさんがなぜできるようになったかと言うと、結論でいえば個別のコンサルティングの経験をたくさんしていた!と言うこと。ツイッターのDMを通してありとあらゆる人の相談に乗っていたそうです。それも学び始めた直後から!

 

「学び途中だから、まだそんなコンサルティングなんてできないのでは・・・?」

 

なんて言う甘えの言葉が吹っ飛びました。学んでるじゃん!ってことですね。アウトプットして人の役に立つのであれば、昨日学んだ事だろうが知識は知識と言う事です。

 

と言うか、彼はたくさんやってきたからビジネスにおけるみんなが抱えそうな悩みを知っているんだ!と思いましたね。彼が集めたのは「本当の生の声」と言う事です。

 

実践しながら学び、そして場数を踏んでいった。そんな感じで進んでいったようですね。

 

直接あった人に申し込んでもらう

 

実際に、人とリアルに会話をしてコンサルティングのオファーをしたこともあるのだとか。その時に重要なポイントを教えていただきました。

流れは3Stepで
「出会い→興味づけ→オファー」だそうです。
それぞれのポイントも教えてもらったので見て行きましょう!

 

出会い

 

まずは社長さんに出会うこと。

 

大事なのは出会いですが、場所を間違えたら意味ないですよと言うお話でした。

 

どういうことかと言うと、バーや、ボードゲーム大会、ゴルフのコンペなどに参加してみるとおっしゃっていました。共通の趣味でも良いそうなのですが、このように中小企業の社長さんが集まりそうな場所を把握することが必要と言うことです。

 

自分のターゲットが集まる場所を把握して、そこに足を運ぶ。
そうすればリアルで出会うことができますよね?

 

逆に、異業種交流会などには中小企業の社長さんはあまり参加していないそうです。

 

興味づけ

 

ブランディングと教育!とおっしゃっていましたが、本当にブログ・メルマガアフィリエイトが役に立つのだなぁと思いました。

 

自分は何者ですよ。とアピールして、どのようにその人の悩みを解決するかという手段や説明の機会を設ける。たわいもない会話から、ホームページがあったらもっといいのにとか、自分が考えられる集客の改善手段を提示。

 

知識があるということを知ってもらい、相手に興味を持ってもらうことが大事なんだそうです。

 

オファー

 

興味づけをしっかりしていれば、あとは向こうから声をかけてくることもあるそうです。こちらから声をかけることもあるそうですが、失敗したとしてもそれを自分のブランディングにしてしまうということ。

 

転んでもただでは起きないぞ!って感じですね。

 

でもこうすることで、成功体験も失敗経験も着実に積み上がり、実績になりますね!

 

3.行動力のある人になりたいあなたに送る11のコツ!

 

最後にたいせーさんが大事にしている、行動力を発揮するための11の考え方をご紹介します。

 

1:考えること単体ではやらない

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]考えて行動が止まるとめちゃくちゃ勿体無いことです。[/voice]

 

だいたい動いているときにインスピレーションが働くんですよね。

 

そういえば先日メンタリストDaigoさんの作業部屋にも椅子はなく、ウォーキングマシーンみたいなのに乗りながら仕事をするっていってました。

 

考えること単体でやるのは時間の無駄ということですね。まずは考えたことをメモに書いたり運動しながら考えるなどを心がけて行きたいと思います!

 

2:抽象化して、具体化する訓練をする。

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]これは訓練ですが、絶対にできるようになった方がいいです![/voice]

 

これめちゃくちゃ私も苦手だったのですが、たいせーさんがわかりやすい例を出してくださいました。

 

「レタス、パプリカ」これの抽象度をあげると「野菜」さらにあげると「生物」。それをまた具体化していく作業をしていく・・・そうすると、あぁ、これとこれって、根本的には同じだなとか繋がってるなということがわかる。ということです。

 

これが「本質」の正体なんですね。

 

この過程が上手になると、「例え話」がうまくなる、そして物事の本質を理解できるようになるということですね。

 

私はこの訓練が苦手なので、日常の体験からもっとして行きたいと思います。

 

3:始めることではなく、終わることを意識する。

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]終わりの時間を守りましょう![/voice]

 

終わりがダラダラしてしまうと、始めることがイヤになってしまうということですね。

私もよくあるのですが、「あと少しで終わるから・・・」を繰り返して、結局完成まで持っていってしまうと。その時はスッキリするのですが、後から考えるともう1度その作業をしようとした時にかなりハードルが上がってしまうという経験。

 

脳は「快」「不快」を見極めて、極力「不快」を起こさないようにします。少しでも不快な印象を得ていると脳が回避したくなってしまうということですね。

 

一番大事なのは、毎日始めること。(続けること)なので、ハードルをあげすぎてやりたくなくなってしまうのが一番勿体無いですよね。

 

ダラダラするのも同じで、「よし!ダラダラ終わり!!」と決めておくと、いつまでもダラダラすることなく時間を上手に使えるようになります。

 

4:眠くなることはしない。

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]眠くなると作業効率が下がるんですよね・・・・[/voice]

 

考えるとか結構眠くなったりしますよね。あとは食事の後のパソコン作業とか。

 

たいせーさんは眠くなるタイミングを自分でわかっているので、その時に合わせて散歩をしたりするのだとか。睡魔ってとても体をだるく感じさせるし、あまり作業に集中したいときは眠くならないようにするに限ります。

 

5:自由時間に支配されない。

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]自由なのって実は疲れるんです。[/voice]

 

人はあまりにも自由だと選択がしきれなくなってしまいます。人は1日に1万回近く決断をするそうです。あまりにも自由時間が多いともっと決断することが増え、脳が疲れてしまいます。

 

だから、もうルーチンワークとして決めてしまうのが良いですね。

 

あのスティーブ・ジョブズも服は同じ服しか着ていません。選択回数が増えれば増えるほど脳は疲れていきます。

 

朝起きた時から仕事にいくまでのやることはもう決めておく。

 

服も夜のうちに選んでおく。など。選択をいかに少なくするかがポイントです。

 

6:能動的に行動する

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]「〜しなければならない」というマインドから抜け出しましょう![/voice]

受動的に行動すると、眠くなる。学校の授業なんかがそうですね。受動的な状態というのは「〜しなければならない」という状態です。

 

「〜したい」という状況であればなかなか眠くなることはないでしょうし、思考が止まることもありません。

 

7:逆算をしない。

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]詰め込みすぎてできない方が問題・・・[/voice]

これは意外だったのですが、逆算をすると急に「〜しなければ」という思考になりがちということです。

 

逆算に囚われるのではなく、今できることをいますぐ始めることが大事ですよね。

慣れていない状態ならなおさら。今は始めることを考える。慣れて着たら余白(バッファー)を設けて逆算して必要な「やることを」を設定しましょう。

 

日本人は逆算ではなく、その場に合わせた動きかたのほうがあっているそうです。

 

8:日記を書く

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]毎日を振り返るのって普通に楽しいですよ♪[/voice]

 

振り返ることで修正と改善ができるからです。私も毎日やっています。((´∀`*))

 

人は忘れる生き物なので、目標も時には忘れていることもあります。1日を振り返る作業は明日の目標のためにも大切です。

 

9:コンサルをとる

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]今からでもできます!!教える立場になることが大切です![/voice]

 

そしてそのために能動的に勉強できる環境が必要です。

 

「あの人に、教えてあげたいからこれをしっかり学びたい」そんなパワーは絶大だということです。

 

10:運動する

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]みんな運動しなさすぎですよ・・・。[/voice]

 

運動することは睡眠にも良いし、考えるのにも最適な動作。

 

今の日本人は逆に運動しなさすぎて、逆に回復力が落ちているそうです。確かに筋肉がないだけで体温も下がりますし、それによりだるさなどを引き起こしている人は多いですよね。

 

健康にも睡眠にも良いわけだし、取り組んで行きましょう!ということで私は早速ピラティスをやりました♪

 

11:予防策とケアを大事にする。

 

[voice icon=”https://yumenomaki.com/wp-content/uploads/2018/10/warren-wong-261814-unsplash.jpg” name=”たいせーさん” type=”l”]最後はこれ!予防とケアです![/voice] 何か重大なことが起きた時に、自分をケアをする手段を知っておく。

 

これは落ち込んだ時とかもそうなんですが、自分で気分をあげる方法を知っているか知らないかでも変わって着ます。

 

落ち込まないようにするのではなく、落ち込んだ時にどう回復するかが重要なポイント。

 

どのくらいで復活できるかとか、何をしたら復活できるかとか。自分のことをよく知って傾向と対策を立てられるようになりましょう!

 

まとめ

 

以上たいせーさんによる「行動できる人になるための11のコツ」でした。

読んでくださったあなたにもぜひ取り入れて欲しいと思っています。

あまり追い詰まっても意味がないよと教えてくれたたいせーさん。追い詰めないで、楽しんで、運動と睡眠をしっかりとって、振り返り、人に教えながら成長することが可能ということで、めちゃくちゃ勇気が湧きました。

この記事を私もいつまでも胸に刻んでいこうと思います♪

そして行動もして行きましょう(* ‘ω’)ノ